第8話おさらい

「デキる男3点セット」が新発売!
そんな中、コールセンターに酒巻の元妻がやってきて!?

 今回の商品は、ゴルフクラブとポータブルナビと愛妻リングがひとつになった「デキる男3点セット」。南極アイス(名取裕子)が売れ残りの商品をひとまとめにしたこのセット、実は浮気お助けグッズとして役立つと、本社の中島局長(柴俊夫)も大喜びだ。ところが、この商品にはなぜか小麦粉10グラムまで付いていて、何か裏があるようで……
 一方、渉(小泉孝太郎)が働くコールセンターではオペレーターを募集することに。やってきたのは、センター長の酒巻(松重豊)の元妻・真由美(青田典子)。オペレーターとして元夫の働きを観察し、信頼できるならよりを戻そうと考えているという。それを聞いた川辺(若林豪)ゆみえ(中島ひろ子)は、なんとか酒巻を盛り立てようと奮闘するのだが……
 そんな矢先、3点セットを購入した男性客から、浮気がバレたというクレームの電話が次々とコールセンターにかかってくる。ポータブルナビは、妻がタッチパネルに小麦粉をまぶしておくことで、パスワードをつかんで浮気の事実を確認できる上、愛妻リングは出来の悪さから愛人の機嫌を損ねてしまうというシロモノ。はじめから南極アイスは、浮気が失敗するように、このセット販売を企画したのだった。
 さらに、このセットを買った男性客・小村(金田明夫)がゴルフクラブを片手にコールセンターに怒鳴り込んでくる。ビビッて何もできない酒巻に幻滅する真由美。響子(ミムラ)がトラブルを解決しようと購入履歴を調べていくと、小村は浮気のためではなく、妻と仕事のためにセットを買ったことがわかる。すると、渉はクレームの電話をかけてきていた女性が、小村の妻(犬山イヌコ)だと思い当たる。そこで、渉は電話を小村に渡し、2人はお互いの気持ちを知って誤解を解くことができた。だが、醜態をさらした酒巻は、真由美と復縁するチャンスを逃してしまったのだった……